お出かけ

【3歳児との子連れ旅行】持ち物リストを公開!持っていってよかったもの、不要なもの、あればよかったもの

先日、3歳の双子を連れて近隣県へ旅行してきました!
初めての家族旅行でわからないことばかりしたが、自分で調べたり人に聞いたりして、ひとつずつ決めていきました。

準備から旅行の様子まで、3つの記事にまとめます!

3歳双子との子連れ旅行記事シリーズ
  1. 子連れ旅行の持ち物
  2. 子連れ旅行の宿泊先の決め方、実際の旅程
  3. 福井県立恐竜博物館のレポート

今回の記事は、子連れ旅行の持ち物について。
わたしはネットなどで調べたり、いろいろ検討したすえに持ち物を決めました。

  • 持っていってよかったもの
  • 不要だったもの
  • 持っていけばよかったもの

以上を書いています。

同じように、子連れ(特に3歳くらいの幼児)での旅行をお考えの方の参考になれば幸いです!

持ち物を選ぶ前に:家族構成と子連れ旅行の目的地

まずはわが家の家族構成と、旅行の目的地をサクッとご紹介。

夫婦と3歳双子の4人家族

  • 父と母(えま)
  • 3歳の双子、アニくんとオトくん
    • ひとりはオムツが外れていて、1日パンツで過ごしている
    • もうひとりはまだトイレトレーニング中で、オムツを着用

子どもたちは3歳。幼児特有の偏食はありますが、大人とほぼ同じものを食べられます。
また、トイレトレーニング中なことも考えて荷造りしました。

近隣県へ一泊旅行

旅行の目的地は、福井県の恐竜博物館。 居住している関西圏から、北陸の福井県へ車で移動します。

恐竜博物館への一泊旅行だから、

  • レジャー用の持ち物(水着や虫除けなど)は不要
  • 一泊分の荷物でOK
  • 自家用車で移動するので、荷物の量が多くなっても大丈夫

…という感じ。

初めての旅行なので、なるべく負担が少ない形で決行しました。

子連れ旅行で実際に持っていったものリスト

いろいろ調べた結果、次のものを持っていきました!

子どものもの

分類アイテム用途
衣類着替えおもらしに備えて、上下4セットを2人分
靴下合計4セット
肌着合計4枚
おもらしに備えて、替えの靴を1足ずつ
パジャマ子ども用のパジャマの提供がなかったため、1セットずつ
パンツおもらしに備えて合計4枚
衛生オムツ・おしりふきオムツは合計8枚くらい
フェイスタオル2枚
おもらし対策・汗を拭く用
歯ブラシ・歯磨き粉歯ブラシ合計2本、普段使っている歯磨き粉
スキンケア用品アニくんが乾燥肌なため
ボディソープ・シャンプーのトラベルセット念のため、家で使っているものと同じボディソープ・シャンプー
携帯用補助便座大人用のトイレはまだ大きくて、補助便座なしで座るのを怖がるため
マスク小児用マスク
消耗品ビニール袋4枚くらい
ジッパーバッグ2枚くらい
飲食ペットボトルのストローキャップ、ストローストローを5本くらい
購入したペットボトルのお茶を飲む時用
おやついろんな種類のおやつ、多めに
娯楽おもちゃ暇つぶし用
100均のシールブック、小さめの恐竜フィギュア
双子のリクエスト
恐竜図鑑3冊
DVD移動中の暇つぶし用
子ども用リュック双子のリクエスト

これらに加えて、大人の荷物もあります。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが… 実は重大な忘れ物をしています。 詳しくは後ほど!!

荷物は車に置いておき、必要な分だけ持ち歩いた

子どもたちの荷物はまとめて、ボストンバッグに入れました。 大人の荷物1人分が2泊分は入る大きさのボストンバッグですが、子どもたちの荷物だけでパンパンに…。

さすがに観光中にボストンバッグを持っていく余裕はないので、必要な分だけ手持ちのカバンに入れ、残りは車に置いておきました。

えま

荷物に関しては、車移動は融通がききやすくてよいです。

子連れ旅行に持っていってよかったもの

持ち物リストのうち、特に持っていってよかった!と思うものを。

いろんな種類のおやつ(ゼリー、ドーナツ、袋入りのお菓子)

写真:子連れ旅行に持っていったオヤツ
持参したおやつの例。

ありがちな回答ですが、オヤツはたくさん持っていってよかったです。 特に車で移動しているときや、観光中に活躍しました。

おやつが役立った場面
  • 車移動中、つまらなさそうにしているとき
  • サービスエリアで休憩するとき
  • 小腹がすいたとき

わが家の双子は外出時に気が散って、食事に集中できず、すぐ食べ終わることがあります。 ドーナツなどのボリュームのあるお菓子は、小腹が空いたときの対策としても活躍しました。

おやつはいろんな種類があればなおよし

お腹が空いてそうなときはドーナツなどの(多少)腹持ちするお菓子を。
ちょっと暇つぶしにあげたいときは小さめのお菓子を… と使い分けできるので、いろんな種類を持っていくことをオススメします。

  • ゼリー(パック入りのもの、小さな袋入りのもの)
  • クッキー
  • ボーロ
  • ドーナツ
  • バウムクーヘン など…。

子どもが「持っていく」とリクエストしたもの

持ち物リストにあるとおり、「双子のリクエスト」で持って行ったものが2つあります。

子ども用のリュックは写真映えもした

家を出る直前に「リュックもっていくー!」と双子が持ってきた、ミツバチのリュック。

えま

実はハーネスリュックなのですが、わが家ではハーネスをつけて使うことはあまりなく… 普通のリュックとして使っています。

荷造りは終わっていて、リュックに入れる荷物もないけど、本人たちが持って行きたそうだし…と考え、せっかくなので持たせました。

結果、リュックを背負って観光している姿が写真に残って、とてもカワイイです。
本人たちも大人と同じようにカバンを持てて、満足そうでした。

写真:リュックを背負っている子ども

ちなみにリュックにはおもちゃの恐竜フィギュアが入っています。
オムツを入れてもよかったな。

重たかったけど、知的好奇心を満たしてくれた恐竜図鑑

写真:子連れ旅行に持っていった図鑑
持参した恐竜図鑑。

恐竜図鑑も持っていきました。 重たいので家に置いていくつもりでしたが、こちらも家を出る前に双子が「ずかんもっていく!」とチョイス。
しぶしぶ荷物に入れました。

宿泊先で恐竜図鑑を開いて一緒に読み、恐竜博物館への期待を膨らませていたので、持っていってよかったです。

3冊の中では、ふたりとも『まどあけずかん きょうりゅう』が特にお気に入り。

大人ができる範囲で、本人たちが希望するものを持っていく

子どもたちが希望したものを持っていくと、本人たちの満足にもつながったようでした。

ただ、電車移動の場合は恐竜図鑑3冊を持っていくのはさすがに大変なので、移動手段や旅程とあわせて検討するのがよさそうです。

子連れ旅行に不要だったもの

「持ってこなくてよかったな」と思うものも、もちろんありました。

着替えが多すぎた

おもらしが不安だったのでひとり4セット持っていきましたが、さすがに多かったです…。

レジャー目的ではない1泊旅行の場合、2〜3セットもあれば十分でした。
特に衣類はかさばるので、次旅行をするときは減らします

DVDは見る機会がなかった

車移動中の暇つぶしに、念のため子どもたちがお気に入りのDVDを持っていきました。

ただ、車で移動したのは片道2〜3時間ほど。
移動中は1時間ほどしっかりと昼寝しましたし、途中サービスエリアに寄ったりするので、DVDを見せる暇がありませんでした。

えま

移動時間がもっと長い旅行であれば、見せたかも?

子連れ旅行に持っていけばよかったもの

旅行に持っていったほうがよかった、持っていくべきだったものもありました。

子どもたちの健康保険証・母子手帳

持ち物リストに健康保険証がないことに、お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。
わたしがうっかり忘れていました…

「持っていかなきゃ」と頭にあったのに…
移動中に気がついたときは血の気が引きました。

健康保険証がないと、怪我や体調不良時に医療機関を受診した場合、全額自費負担になります。
今回は幸い怪我などはありませんでしたが、体調不良や不慮の事故はいつ起きるかわからないもの。 次は絶対に忘れません!!!!

レジャーシート

恐竜博物館では、屋外で昼食をとりました。

博物館近くのベンチに座って食べましたが、広い芝生の公園もあったので、レジャーシートがあれば食べる場所を自由に選べたなーと思います。

あれば安心、迷子札(インフォバンド)

ネットで持ち物を調べていたときに見つけたのですが、人が多いところに行く場合、子ども用の迷子札がよさそう。

インフォバンドというものがあるそうです。

手に付けるのを嫌がる子には、名札もよさそう。

特にテーマパークなどの混雑しそうな場所に行くときは、あると安心です。

今回は時間がなく準備しませんでしたが、双子はまだフルネームで自分の名前を言えないので、次旅行するときは検討します。

子連れ旅行の持ち物まとめ。思い出に残る旅行になりますように

しっかり荷造りしたと思っても、「他に必要なものはあるかな?」と心配でした。

ただ、いざとなれば移動中や旅行先でも、必要なものは購入できます。
国内旅行の場合はなおさらです。

消耗品は「いざとなれば買える」と割り切って、絶対に忘れてはいけないものだけはパッキングしましょう!

絶対に忘れてはいけないもの
  • 健康保険証←自戒を込めて
  • 旅行先の手続きに必要なもの(宿泊施設でチェックインするための書類、入館券など)
  • 貴重品(お金)
  • スマートフォンなどの通信手段
  • 最低限の着替え

楽しい旅行になりますように!

instagramの双子育児漫画アカウントにも、福井県立恐竜博物館へ旅行したレポ漫画を投稿しています!

よければフォローお願いします😃
さくらいえま@sakuraiemma_manga

ランキングに参加しています。ポチッとしていただければ嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA